本 郷
真の愛による交差祝福と国境撤廃


推薦の辞
まえがき

主礼の御言
   1988年10月30日

成婚問答
成婚宣布

六五〇〇双祝福式での真のご父母様の祝祷
   1988年10月30日


国境を超えた真の愛の因縁
   1988年10月23日

 「一和」という名が持つ意味

 今の時は、一つにならなければならない時
 何によって一つになるべきか
 結婚とは根本に帰るためのもの
 自分勝手にはなっていない膨大な宇宙
 宇宙と似た人間
 結婚式場に参加したのは宇宙の形態に合格するため
 結婚は、天地が引っくり返り一家の興亡盛衰がかかる自重大時
 嫁ぎ先は、遠くてこそいい
 幸福の道は一人では行く事の出来ない道
 自分を絶対視するところでは和合がなされない
 趣の真の意味
 博物館に置いておくことのできる人
 神様の御名で愛の根をおろすようになる時、真の息子、娘になる
 神様の息子、娘になることは容易ではない
 家庭が行く事のできる世界的道を開くために経た苦難
 すべての先祖の軸は一つ
 血統転換式をしてこそ心情圏が連結される
 国境と怨讐をなくす事が世界平準化の絶対条件
 血統を伝授されるためには、反対される道を行ってこそ
 種を植え損なえばサタン扱いされる
 蕩減の道を行く理由
 男の行く道と女の行く道
 蕩減は同じ立地条件を立てておいてする
 復帰世界が正しくなる事ならば犠牲の場でも行ってこそ
 心情圏が作られれば環境の基盤は、自然に生じる
 植えたとおり結実するようになっている世の中
 国際平和高速道路が置かれれば
 今からは国が互いに一つになるべきとき
 道義天国は女性が立ててこそ
 愛の調和は、並ぶべきものがない
 男女の生活が紊乱であれば滅びる
 愛がこの上なければ糞の味もみる
 復帰の道を行くには理性の誘惑に打ち勝ってこそ
 「怨讐を愛せ」という言葉が宗教世界に出てきた理由
 祝福を受けた人々が行くべき運命の道
 今は交差する時代
 夜も昼も争わず、怨讐視するな
 結婚相手を迎えるのをメシヤを迎えるように行いなさい
 過ぎし過誤はすべて忘れ、十倍百倍愛そうという心をもつ
 縦的な真の愛の父母、横的な真の父母
 永遠な夫妻になろうとするなら
 完全投入で創造が始まった
 怨讐を赦してあげ、愛で対しなさい
 先に打てば滅びるようになっている
 自分の欲望で相対を探してはいけない
 先輩たちの精神を投入し、後輩たちの基盤を築いてあげ
 世界の平和は、五色人種が一つになってこそ
 後代を思いながらペアを組んであげる

聖酒式前の御言
   1988年10月29日

 我々の使命

 み旨の完成
 サタン世界転覆のための闘い
 習慣性の克服
 神解放の基準
 復帰摂理の原則
 神聖なる歴史の出発点
 女性の位置
 メシヤの思想
 天国の中心者
 真の子女の血統
 心情圏出発
 生命の元
 心情の土産
 真の血統の相続
 永遠の共鳴圏
 宇宙的愛の統一式
 究極の思想
 ために生きる
 真の父母の分身としての結婚式
 天国の王座
 父母として立つ道
 蕩減復帰の道
 内外の長子権復帰
 世界基準を超えた祝福
 栄光の歴史的瞬間
 三大歴史過程を中心としての十字架路程
 所有権決定
 純潔な血統
 聖酒式の意義

六五〇〇双結婚式後の御言
   1988年10月31日
「7000人を捜し立てる摂理史」


六五〇〇双「韓・日」祝福家庭への御言
   1988年11月7日

 愛の戦争

 一大革命的な自分
 伝統的伝統の情の基台
 中和文明の時代
 真の愛
 神の国に必要な子供
 最も貴いもの
 愛の支柱
 愛の道
 歴史に残すべき実績
 真の愛の基準
 忍耐と注意
 生死を決定する足場
 正しい生涯の道
 最高の心情基準
 最後の救いの道

六五〇〇双特別集会における御言
   1989年6月19日

 相対のために生まれた人間

 真の愛の定義
 愛、生命、血統
 自分というもの
 円満な夫婦生活
 真の愛の道
 同居権、同参権
 宇宙の根本
 霊界での生活を規定するもの
 先生からの最高の土産物
 言葉の革命
 真の子女としての責任
 言語統一、心情統一、血統統一
 涙の祈祷で解かれた天宙の公式
 価値ある世界を目指して

本郷人集会での御言
   1991年1月21日

 祈祷



本郷人集会 1991年8月22日

六五〇〇双特別集会 1992年5月8日

1992年5月8日 在韓日本人教会員集会
【指示事項】
1、韓日統一化時代
 (1)アダム圏勝利。国家的勝利が問題です。
 (2)エバ圏復帰完成(韓国女性、日本女性、関係女性一体)
 (3)外的家庭基地一体化運動

2、真の父母完成圏と家庭
 (1)お母様と家庭婦人の一体化
 (2)

3、
  その次は男性復帰です
  南北女性と統一連合
  海外、日本においてカインとアベルが一体化
  父母権返還時代
 (1)全体連合と統一世界
 (2)生活共同化時代
 (3)血族一体化時代です
 (4)国家統一化です。すべての国が一つの国になります。
 (5)そして、天上地上天国化自治圏です。



SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO