訪韓修練会御言集
十六万女性修練会

はじめに

真の自分を探しましょう
    1993年12月19日
 「女の子」とは

 蕩減というもの
 「女」とは名ばかり
 男は主体、女は客体
  人間は三時代を経て理想の姿になっていく
  女は神様が最後につくった傑作品
  女は善悪を知る木
  悲惨な大事件の80%は、男、女の問題
  良心は自分においての第二の神様
  主体と客体が一つになれば宇宙力が保護する
  愛の本宮
  国家的基準から世界的基準へ
  一番投入して犠牲になる者が中心者になる
  済州島は再び修練する道場
  再創造の公式
  良心の基準
  堕落したという観念に徹せよ
  祝福は命懸けの業
  良心の命令には絶対服従
  良心が先に分かるか、神様が先に分かるか
  良心は両親に優る、良心は先生に優る、良心は、神様に優る
  統一完成圏
  真の自分を探しましょう
  女の全権時代は2000年まで
  横的東西統一、縦的南北統一
  天願うエバ国家になるには
  日本民族としての使命

蕩減復帰の峠を越えましょう
     (摂理的総決算)
    1993年12月20日
 旧約時代、新約時代、成約時代の目的

 神の創造と人間の堕落
 ヤコブ家庭の摂理
 エリヤの使命と洗礼ヨハネ
 洗礼ヨハネの失敗
 蕩減復帰は堕落の反対の道をとる
 再臨主を迎えそこねたアメリカの運命
 血統転換
 真の父母と成約時代は神の干渉圏
 神の相対になった場合、天運が保護する

真の父母と重生
    1993年12月20日
 神の創造の全体目的

 愛の基準
 愛の完成のために投入して忘れる
 神人愛の一体圏を求めて
 人間は愛のために生まれた
 キリスト教の歴史を通して求めてきた新郎新婦の遭遇
 停止は滅亡と地獄に通じる、発展は繁栄と天国に通じる
 全の全権時代へ
 過って生まれたのだから再び生まれなければならない
 真の父母と重生
 天の地上天国顕現
 本当の純潔の祝福家庭となるには

氏族メシヤ
    1993年12月20日
 神の願いは親を訪ねていくこと

 氏族メシヤの三大重要項目
 天的入籍の氏族メシヤ
 氏族メシヤと摂理的総決算

四大心情圏と三大王権
    1993年12月21日
 四大心情圏についての公式的な骨子

 四大心情圏は、神様の心情圏を完成するための標本
 第一に子女の愛
 子女愛、兄弟(姉妹)愛、夫婦愛、父母愛
 人間は神様の第二の相対圏
 神様だに愛には絶対服従する
 絶対信仰を持つこと
 相対は主体を喜ばせること
 四大心情圏は愛のテキストブック
 氏族復帰の命題
 三大王権から縦的天国と横的天国が生まれる
 天国に通じる道


現地の整備(続編)
    1993年12月21日
 絶対信念、絶対信仰に立つ

 全国的な御言ブームを起こす
 原理の本をマスターする
 女性時代の到来
 先生の精神を相続して全体を救済する
 長子権の顕現
 血統転換
 真のお母様の選定
 四大心情圏の蕩減復帰
 お母様の基盤をつくるための苦労
 繁栄と天国に通じる道
 真の父母と完全に一つとなって良心の本然の基準を回復する
 立派な旦那さんをつくるみち
 旦那さんは男の子が大きくなったものである
 お母さんと妻を合わせたような奥さんになる
 夫婦生活の芸術化、美術化
 フィーリングが最も重要である
 家庭の伝統を立てる
 実の親子以上に近くなれる姑との関係
 (第25回の修練会を終えて、代表者による感謝の祈祷)

希望の峠を越えましょう(別冊)
(文鮮明先生御言選集第八十二巻)
    1975年12月31日 ベルベディア修練所

 「希望の峠を越えましょう」の発刊にあたって
 神と人類の愛を受ける人をつくるのが統一教会の目的である
 意見も目的も、神様と同じでなければならない
 反対する人のできないことをやりなさい
 礎石をどのように置くかによって、歴史と宇宙の勝利が左右される
 神様の協助で、反対され迫害されながらも発展する統一教会である
 問題は自らの中にある
 神の国をつくるために、六〇〇〇年間ご苦労された神様
 世界を救うために、一〇〇パーセント動員できる宗教が真なる宗教である
 神様のために犠牲になった者は、必ず素晴らしい報いを得る
 神様が私たちを協助するその理由
 神様の非常事態に責任を負って世界を一つにしよう
 一九七六年はキリスト教歴史を、霊肉を中心とした次元で超えていく時である
 ヤンキー・スタジアム大会の歴史的な意義
 ヤンキー・スタジアム大会とワシントン大会が終われば世界が私たちの前に現れる
 新しい決意で一九七六年を迎えよう















SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO