真の家庭

はじめに
日本語版発刊によせて

第一章 創造本然の真の家庭
 一 アダムとエバを通じた神様のみ旨
 二 神様が絶対に必要とするもの
 三 神様の永遠なる愛の相対者
 四 アダムとエバを創造なさった目的
 五 アダムとエバの初愛の時期
 六 すべての存在は愛を通じてのみ完成する
 七 人間たちが誇ることのできる最も大きな自慢の種
 八 真の家庭として伝統を立てるべきだったアダム家庭

第二章 家庭を中心とした愛の法度
 一 家庭を中心とした神様の愛の法度
 二 家庭に三代が共存すべき理由
 三 父母はまさに愛の起源
 四 兄弟姉妹が必要な理由
 五 おじいさんは家の神様の立場
 六 祖父母と孫との関係
 七 家和万事成の真なる意味

第三章 家庭は天国の中心模型
 一 家庭はすべての存在の中心モデル
 二 家庭は宇宙の愛に接する愛の教材
 三 愛の王国に入籍するための愛の訓練場
 四 家庭は天国の模型教科書
 五 家庭は三時代の愛が結集した核心体
 六 家庭は心情的な訓練場所
 七 人間の永遠なる本郷は家庭
 八 家庭は天宙主義を完結させる最終基準

第四章 愛を中心とした人生行路
 一 人間はなぜ生まれたのか
 二 愛を中心とした創造本然の人生
 三 人間の永遠なる生命の要素は愛
 四 神様の愛はどのようなものか
 五 愛と喜びの相続のための神様の祝福
 六 愛の中心を求めていく人生行路
 七 三時代を行く人生行路
 八 地上生活は霊界の拍子を合わせるための訓練場所

第五章 創造本然の男女の愛
 一 創造本然の男女の愛
 二 男性と女性が生まれた理由
 三 男性と女性は互いに絶対的に必要な存在
 四 愛は相対から来るもの
 五 異性間で愛の調和を成せば
 六 真の愛に酔った本然の人間
 七 愛はきわめて自然なところで成される

第六章 思春期の変化と真なる結婚
 一 結婚の意義
 二 なぜ結婚するのか
 三 真の結婚観
 四 思春期とはどのような時か
 五 思春期に起こる身体的変化は何のためか
 六 思春期の初恋
 七 結婚の適齢期−愛はいつから連結されるか
 八 心と体が一致した愛

第七章 真なる夫婦の愛
 一 創造本然の夫婦関係
 二 夫婦の愛が必要な理由
 三 理想的な夫婦の関係
 四 神様も酔うことのできる真の夫婦の愛
 五 会えば会うほどいっそう会いたいのが夫婦の愛
 六 夫婦の愛の発展過程
 七 愛する人が死ぬとなぜ悲しいのか
 八 死ぬときまでに永遠に成すべき夫婦の愛

第八章 真なる父母の愛<
 一 父母の限りない愛の心
 二 子供がより素晴らしくなることを願う父母の心
 三 父母の愛は永遠不変の愛
 四 すべてを投入する父母の愛
 五 子供に対する父母の愛は絶対的
 六 限りない父母の愛
 七 父母の愛はすべての愛の基準であり、伝統になる

第九章 真なる子女教育
 一 父母は子女をどう教育すべきか
 二 父母は子女に何を教えるのだろうか
 三 父母がまず手本を示すべきである
 四 父母は友達の中の友達、先生の中の先生
 五 愛の鞭
 六 勉強は何のためにするのか
 七 真の父母と先生の教え
 八 世界とともに生きることのできる教育

第十章 復帰すべき人類の真の家庭
 一 神様の救援摂理の目的
 二 サタンの所有物になったアダム家庭
 三 堕落人間の願い
 四 復帰の最終目的はアダム家庭を復帰すること
 五 イエス様がなさるべき家庭の復帰
 六 再臨主を中心とした家庭の復帰
 七 統一教会は本然の真の家庭を探すためにある
 八 真の家庭主義と真の父母宗教

第十一章 家庭は永遠の幸福の土台
 一 家庭はなぜいいのか
 二 家庭は永遠なる幸福の基盤
 三 家庭は天国完成の基本単位
 四 愛の理想実現は家庭から
 五 天国は家庭単位で入る所
 六 愛する人が死ぬとなぜ悲しいのか
 七 家庭を通して人間が行くべき天道
 八 統一教会は家庭天国を築こうとするもの

第十二章 真の家庭を求めて
 一 自己のために生じたものは一つもない
 二 神様が臨在できる至聖所
 三 男性の主人は女性であり、女性の主人は男性
 四 愛には発展も革命もない
 五 女性は貞節、男性は志操
 六 堕落はフリーセックスの根であり個人主義の祖先
 七 絶対純潔と真の家庭運動を通した平和世界実現




























SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO