統一教会と食口たち
まえがき

第一章 宗教の意義と使命
第一節 宗教の意義と目的
 一 宗教の意義

  1.宗教の語義
  2.宗教の根本となる教えは
  3.真なる宗教とは

 二 宗教の必要性
  1.宗教が必要な理由
  2.宗教は万民に必要

 三 宗教の目的
  1.宗教の目的は
  2.宗教が指向する最高の目的点


第二節 宗教の役割と使命
 一 宗教に与えられた使命と目標

  1.宗教は絶対者と因縁を結ぶ方便
  2.宗教とは善の一つの中心を探していく歴史的な道
  3.宗教が提示すべき重要な基準

 二 宗教とは故障した人間を再生する所
  1.宗教とは故障した人間を修理する修理工場
  2.故障した人間を再生する再生倉庫
  3.統一教会は総合修理工場

 三 神様のみ意の世界をつくる所
 四 本郷の法度を教えてあげて訓練させる所

第二章 統一教会
第一節 統一教会成立とその背景

 一 統一教会の公式名称

 二 統一の真なる意味
 三 世界基督教統一神霊協会とは
 四 神霊とは
 五 統一教会の旗

第二節 統一教会の主張と思想
 一 統一教会が追求するもの

  1.統一教会出現の目的
  2.統一教会が追求してきたもの
  3.統一教会の目的

 二 統一教会教理の骨子
 三 統一教会が提示するもの
  1.真の父母の思想を提示
  2.家庭を提示する
  3.サタンに公認される方法を教えてくれる

 四 統一教会が教えてくれるもの
  1.原理原則を教えてくれる
  2.神様を教えてくれる
  3.神様のみ旨を教えてくれる
  4.神様の愛と心情を教えてくれる
  5.真の父母との関係を教えてくれる
  6.神様の孝子・孝女になれと教えてくれる

 五 統一教会の思想
  1.統一思想の根源
  2.統一教会は何主義か
  3.統一教会の主流思想
  4.統一思想の理解
  5.天宙主義の解説

 六 統一教会の偉力[威力]

第三節 統一教会の使命
 一 世界の三大難問題と統一教会

 二 摂理的使命
  1.復帰を通した救援の使命
  2.イエス様の恨みを解いて差し上げようという宗教
  3.三時代の使命を完結すべき統一教会

 三 宗教統一
  1.全ての宗教が求めていく目的は一つ
  2.神様のみ旨は宗派や教派の救いではなくこの世の救い
  3.宗教統一の必然性
   イ)絶対的神は一つ
   ロ)神はいろいろな宗教を必要としない
   ハ)最後には全ての宗教が一つとなってこそ
  4.宗教統一の方案
  5.霊界の協助と宗教統一
  6.宗派間の和睦は世界平和に向かう必須条件

 四 世界の救いと世界統一
  1.世界を救う使命
  2.東西文明の結束を通した中和文明の創建
  3.五色人種を一つの兄弟姉妹として
  4.神様を中心とした一つの世界建設

 五 地上天国建設
  1.神様のみ旨は地上に天国の王権を立てること
  2.教会の目的は国を救うところにある
  3.祖国光復をなすべき統一教会
  4.私たちは国を持った国民とならなければならない
  5.天の国の市民にしようとする所


第四節 統一教会の活動
 一 この世との差

 二 反対と迫害
  1.反対の結果
  2.迫害の価値
  3.
  4.統一教会は悪口もたくさん言われた

 三 神様の作戦
  1.神様はどのように作戦なさるのか
  2.打たれながら勝利する
  3.追われながら発展した

 四 統一教会の活動目的
  1.統一教会を立てた目的
  2.統一教会は何のために働くのか
  3.統一教会は人のために働いている
  4.統一教会は国と世界のために
  5.統一教会の活動

 五 統一教会の能力

第三章 統一教会員
第一節 統一教会員とは
 一 統一教会員の入教背景

  1.み旨的な背景
  2.先祖達の功績の結実
  3.私たちは善なる先祖株式会社の社長
  4.先祖たちの協助と再臨復活

 二 入教後の望ましい姿勢
  1.統一教会に入った目的
  2.入教後現れる現象
  3.入教後備えるべき姿勢
  4.入教後、注意すべき点

 三 食口とは何か
  1.統一教会で言う食口とは
  2.食口という言葉の設定背景
  3.だれが真の食口であろうか

 四 本然の食口が持つべき姿勢
 五 統一教会の価値
  1.私たちは歴史的結実体である
  2.計り知れない恩賜の立場に置かれた私たち
  3.見事で誇らしい
  4.幸福なる立場である
  5.幸福なる所である
  6.食口の価値

 六 統一教会を信じてから離れて休む場合
  1.休むのは分からないから
  2.離れてもまた入ってくる
  3.離れて休む食口たちの事例


第二節 統一教会員の道
 一 三つの類形の道

  1.善悪を中心とした三つの類型の道
  2.三つの愛をなしていく本然の人生の道

 二 統一教会員が行くべき道
  1.神様と統一教会員の道
  2.統一教会員が行くべき運命の道
  3.復帰の道と原理の道
   イ)復帰の道とは
   ロ)復帰の道を行くためには
   ハ)復帰は個人から
   ニ)復帰の道は決められている
   ホ)三段階の復帰の公式
   ヘ)復帰の道は開拓していく道
   ト)原理の道は一つだけ
  4.七年路程

 三 天の道を行くための私たちの姿勢
  1.先生が見られた統一教会員の道
  2.統一教会員の道は難しい道
  3.天の道を行く時、取るべき心の姿勢
  4.天の道を行く秘訣


第三節 統一教会員の使命と時
 一 統一教会の連中とは何か

 二 内的使命とその使命の価値
  1.内的使命
  2.とてつもない私たちの使命

 三 統一教会員の使命
  1.サタンを追放しなければならない使命
  2.イエス様が関係した使命
  3.愛の秩序を立てるべき使命
  4.五色人種を連結させるべき使命
  5.宗派統一の使命
  6.思想統一の使命
  7.その国を訪ねる使命

 四 私たちと時
  1.今の時
  2.時の兆し
  3.自分の時を一致させよ
  4.時を失わない方法
  5.今は活動する時


第四節 統一教会員の信仰生活
 一 真なる信仰生活

  1.信仰者の願い
  2.信仰の基準が必要な理由
  3.望ましい信仰の基準
  4.信仰生活の意味
  5.信仰生活の目的
  6.信仰生活の第一条

 二 統一教会の信仰の特性
  1.信仰生活の三大要素(絶対信仰、絶対否定、絶対愛)
  2.体恤信仰
  3.統一教会をなぜ信ずるのか

 三 真なる信仰姿勢
  1.信仰者の態度
   イ)待ち焦がれる心情が必要である
   ロ)負債を負った者の姿勢を持つべき
   ハ)固い覚悟を持たなければ
   ニ)ぴんと張った心情的態度が必要
  2.忍耐が尊い
  3.克服が貴い
  4.平凡なことに感謝しなければ


第五節 統一教会員の生活
 一 生活の意味と目標

  1.私たちの生活が持つ意味
  2.生活統一

 二 真なる生活
  1.統一教会員のの生活観
  2.生活の法度
  3.真なる生活
  4.生活の基準と基盤
  5.神様と共に生きなければ
  6.一日の生活の重要性

 三 生活方法
  1.どのようなことが豊かに暮らすことか
  2.中心を探し生活しなければ
  3.為にする生活をしなければ
  4.愛の中心は犠牲
  5.福は苦労から


こちらのページはフレーム部分のLeft部分の
目次のページですので本来のIndexページから
ご覧ください
管理者:裏道











SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO