地上生活と霊界
はじめに
日本語版発刊によせて


第一章 有形、無形世界での人間の存在
第一節 人生路程

 一 人生路程に対する祈祷文

 二 人が願う目的
 三 生まれた理由
 四 瞬間(一日)と一生の関係
 五 幼児期と三段階秩序
 六 我々の人生の道
 七 我々が訪ねるべき本郷
 八 人生最高の行くべき道
 九 出生の基準と生涯の基準
  1 過った出生の基準

  2 生涯の基準
第二節 人間の位格
 一 神様が人間を創造した目的

 二 人間は、霊界と肉界の媒介体
 三 体と心、そして霊人体
 四 完全作動と共鳴
第三節 人間の生命の本質
 一 霊的なものが人間の本質

 二 万物の霊長であるという意味
 三 内と人と外の人
 四 地上生活の目的は霊肉完成
第四節 肉身生活の高貴性
 一 肉身生活は霊界生活のための準備

 二 肉身生活の貴重性
 三 習慣性が重要である
 四 肉身生活の標準
 五 肉身を使って記録される
 六 地での暮らしがあまりにも重要である
 七 肉身を使って責任分担遂行
第五節 祝福と永生
 一 永生問題を知るべき理由

 二 永生の道
  1 一生と永生問題

  2 人間は永遠の生命を追求する
  3 永生と宗教
  4 永生しなければならない理由
  5 永生のための人生
  6 永生論理とは
  7 一番重要な永生問題
  8 結局人間は永生に帰結すべし
  9 信仰と永生問題
  10 統一教会と永生
  11 永生に必要な観念
 三 愛と永生
  1 愛と直結した永生

  2 真の愛と永生
  3 絶対必要な真の愛
  4 愛と関係した死後の世界
  5 「ため」に生きてこそ永生する
 四 祝福と霊界
  1 愛の威力

  2 夫婦の霊人体
  3 結婚と霊界
  4 祝福家庭の霊界の立場
  5 祝福は約束
  6 祝福の栄光

第二章 死と霊界
第一節 人生必然の道

 一 永生と距離が遠い体

 二 大部分の生涯
 三 死は人生必然の道
 四 生命の主人は神様
 五 生涯はあまりにも短い
第二節 死に対する理解
 一 「亡くなる」という言葉の意味

 二 我々が行くべき所
 三 亡くなる日は貴い日
 四 二つの死
 五 死の意味
 六 死は三世界を連結する過程
 七 死ぬ前にすべきこと
  1 最後の境界線を越えよ

  2 形状と心情と神性に見習え
  3 罪を犯すな
  4 世界のために生きて死ぬべし
  5 多くの仕事をせよ
  6 公的な仕事をせよ
  7 愛を体恤すべし
 八 霊界に行く前に残すべきこと
  1 愛の墓を残すべし

  2 霊界の所有権は伝道で決定
  3 息子、娘をたくさん生むべき理由
 九 死の前での姿勢
 十 霊界に入るとき
  1 死が差し迫ったとき

  2 霊界に入るとき
  3 霊界の手続きに必要な証明書
 十一 死んでみてこそはっきり分かる
 十二 「ため」に生きれば神様の近くへ行く
 十三 審 判
第三節 高い霊界に行くには
 一 宗教人たちの標準は霊界

 二 霊界での所有権決定基準
 三 人を愛すべし
 四 神様をもっと愛すべし
 五 家庭の基台を成すべし
 六 心情圏の伝統を中心として暮らすべし
 七 あの世にパスするチケット

第三章 霊 界
第一節 肉身をもって体恤可能な霊界

 一 霊界と時

 二 これからの時代
 三 霊的体験も必要
 四 霊的体恤の過程
 五 霊的感覚の発展方法
 六 君臨(実体役事)
第二節 霊界はどのような所か
 一 霊界と肉界
  1 霊界、肉界の中心

  2 霊界、肉界の一体
 二 明らかに実在する霊界
 三 霊界は信仰の原動力(使徒パウロが見た第三の天)
 四 霊界を創造されたとき
 五 霊界とはどこか
 六 霊界はどのような所か
第三節 霊界の内容と状況
 一 堕落で生じた霊界に対する無知

 二 霊界は即時的感知可能圏
 三 霊界の中心
 四 霊界の組織(階級体系)
 五 霊界での衣食住
 六 霊界での知識と権力の使い道
 七 霊界での人間関係
 八 霊界の中心は愛
  1 霊界の空気は愛

  2 霊界は愛中心の暮らし
 九 霊界は心情の世界
 十 霊界の状況
 十一 霊界の生活
 十二 霊界ですべき仕事
第四節 霊界の立場と実像
 一 霊界の立場

 二 霊界の実像
 三 霊界の誇り
 四 統一教会と霊界
 五 韓国の風習と霊界
 六 韓国語と霊界
 七 霊界の活動舞台
 八 霊界の所有
 九 神様と霊界

第四章 天 国
第一節 天国に対する理解

 一 天国の所在

 二 キリスト教と天国
 三 イエス様と楽園
 四 心情と天国
 五 肉身と地獄
 六 地獄人も天国を願う
 七 地上天国と天上天国
 八 天国に対する正しい観
第二節 天国に行くための準備
 一 天国の拠点

 二 天国に行く基準
 三 天国の始まり
 四 天国の本質
 五 天国の枠
第三節 天国に行くことができる要素と条件
 一 天国に行くことができる要素
  1 苦労が必要

  2 愛が必要
  3 実績をもつべし
  4 「ため」に生きるべし
 二 天国に行くことができる生活
  1 我々の立場

  2 天国に行けない場合
  3 天国のための我々の生活
  4 我々と天国
 三 四位基台と天国
  1 天国は家庭が入る

  2 イエス様と家庭
  3 四位基台と天国
第四節 天国の門と天国入城
 一 人間の心門

 二 開天門とは何か
  1 開天門すべき理由

  2 開天門の始原
  3 真の父母と天国の門
  4 開天門に先立つ我々の姿勢
 三 責任分担を通した天国行き
 四 天国と地獄は自身が選択する
第五節 天国と地獄に関係した指示のみ言
 一 天国、地獄観設定

 二 永生と地上生活の重要性

第五章 メシヤと霊界
第一節 イエス様と霊界

第二節 再臨主と霊界
第三節 「真の父母」と霊界
 一 肉身の父母と「真の父母」の違い

 二 「真の父母」が軸である
 三 「真の父母」中心
 四 「真の父母」と結ばれた因縁の強度
第四節 先生と霊界
 一 先生の霊的条件成立とその基盤

 二 霊界に行く特許権
 三 霊界の統一と地上界の統一
 四 心情と実績で異なる霊界での待遇
 五 霊的体験の生活化
 六 愛を残して行くべき霊界
第五節 真の父母の家庭と霊界
 一 霊界の長子権成立

 二 霊界に立った愛の中心
 三 地上と霊界の王権成立

第六章 我々と霊界入籍
第一節 人生の結実と生霊体

第二節 審判と公認
 一 審判の種類

 二 天国に行くパスポートを準備せよ
第三節 霊界入籍
 一 天国市民が楽しむ自由

 二 霊界に行くときもっていく贈り物
 三 三代主体思想と入籍
 四 入籍の条件
 五 霊界の族長になる人

第七章 我々と霊人との関係
第一節 霊的現象と霊人の解怨

 一 善霊界と悪霊界

 二 霊的現象
 三 霊界から来た手紙
 四 霊人の願い
 五 霊人の解怨
 六 霊界統一
第二節 地上人と霊人との関係
 一 地上人と霊人

 二 霊人たちの霊界での立場
 三 霊人の数が地上人より多い
 四 放浪する霊たち
 五 霊人の区分は心が知ってする
 六 地上人の暮らしの価値
第三節 先祖たちと我々
 一 我々を見下ろす先祖たち

 二 我々が先祖よりより良くあるべし
 三 墓参りもしなければならない
 四 我々が会うことができる霊界の先祖たち
第四節 霊的新時代の到来
 一 超感覚時代到来

 二 「天勝日」発表で新しい時代進入
 三 「統一式」と霊界協助
 四 「一心式」と先祖協助
第五節 再臨復活と霊人協助
 一 過去の先人たちの霊界の位置

 二 霊界動員と協助
 三 霊界と先祖
 四 霊人たちの願い
 五 再臨復活と重生
  1 再臨復活

  2 重生論に対する質問と答え




SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO