E-listBBSSearchRankingMusicHall-HornGo to Top

 罪と蕩減復帰
はじめに
日本語版発刊によせて

第一章 蕩減・復帰原理の根拠
一 間接主管圏と直接主管圏
 1.間接主管圏

 2.直接主管圏
二 人間に責任分担がある
 1.責任分担を下さった理由

 2.責任分担を果たせなかった結果
三 責任分担を完成すれば
 1.責任分担の自由化圏が必要

 2.完成した立場は天地一体化家庭
四 責任分担の発見とその重要性
五 責任分担を遂行する姿勢
 1.責任分担はすべての分野の過程にある

 2.責任分担を遂行する姿勢

第二章 罪、人間堕落の内的意味
一 換父易祖がすなわち堕落
 1.サタン悪魔が私たちの父

 2.堕落しなかったならば……
二 堕落はサタンを中心とした血統転換
 1.怨讐の血統を受けた

 2.血統的な原罪は遺伝する
三 サタンは神様の愛の姦夫
 1.サタンは堕落した天使長ルーシェル

 2.サタンは愛の怨讐
四 善悪の実はエバの生殖器
 1.下部を覆ったのが罪の表示だ

 2.善悪の実は命と死亡の分かれ道
五 堕落の恨、神様の復帰の心情
 1.愛の怨讐、堕落の恨

 2.サタンの讒訴条件
六 真の父母の祝福と血統復帰
 1.メシヤとして真の父母が必要だ

 2.再臨思想の核心は血統復帰

第三章 蕩減と復帰の公式
一 母性復帰から見たリベカ、タマル、マリヤの役事
 1.エバの堕落とリベカ、タマルの欺きの役事

 2.タマルを中心とした腹中根本復帰
 3.イエスの路程におけるマリヤの使命
二 真のお父様の歴史的蕩減路程
 1.蕩減路程を行く心構え

 2.真のお母様を選ぶこと
三 八段階蕩減路程と八定式
 1.縦横の八段階の蕩減復帰路程

 2.サタンの活動と八段階の勝利
 3.八定式
四 長子権勝利と父母権、王権復帰
 1.長子権復帰

 2.父母圏復帰
 3.王権復帰
五 復帰歴史の展開と摂理国家の使命
 1.第二次大戦以後のキリスト教文化の流れ

 2.エバ国家、日本の使命
 3.世界的なローマ国家、アメリカの使命
 4.蕩減復帰歴史は回ってくる運勢

第四章 蕩減路程と私たちの生活
一 復帰の道は人が当然行くべき道
 1.蕩減復帰は再創造の道

 2.蕩減の道を行かなければならない理由
二 信仰基台と実体基台
 1.メシヤのための基台

 2.結局は血統復帰が問題
三 なぜ蕩減復帰が必要なのか
 1.蕩減復帰しなければならない二種類

四 蕩減条件は自分が立てなければならない
 1.他の人が代わりに立てることができない

 2.責任分担の心構え
五 蕩減法なしにはサタン分立はできない
 1.私は分水嶺に立っている

 2.サタン圏(堕落圏)を脱するには
六 信仰は蕩減法を守っていくこと
 1.信仰と蕩減

七 蕩減の道は絶対服従、絶対従順の道


こちらのページはフレーム部分の
目次(right)のページですので
Indexページからご覧頂くか、
「御旨の裏道」Topページから辿ってください。


管理者:裏道 ─  


























SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO