宇宙の根本
はじめに

前章 「宇宙の根本を探して」

第一章 宇宙の根本秩序
一 神様の二性性相の大展開
 1.神様は二性性相の中和的本体

 2.被造世界は神様の二性性相に似て出てきた
 3.神様の宇宙創造の動機は愛
二 宇宙は主体と対象でできている
 1.ペア・システムが宇宙存在の原則

 2.主体と対象は愛の関係
三 宇宙の恨事は愛である
 1.宇宙の中心は愛である

 2.人間は万宇宙の愛の中心
  (1) 神様の愛の対象として造られた
  (2) 人間成長の道は神様御自身の展開過程
  (3) 人間は被造万物の中心

 3.被造世界は人間のための愛の博物館
  (1) 被造世界を造られた意味
  (2) 万物世界は人間のための愛の教材

四 進化論か創造論か
 1.進化論の根本的な誤り
  (1) 種の区分は厳格、第三者の介入を絶対排斥
  (2) 力の作用法則と進化論の虚構
  (3) 愛の論理から見るとき、進化論は間違っている

 2.進化論は既に時代後れの思想

第二章 人間創造と愛の理想の完成
一 愛の絶対価値

 1.人間の男性と女性

 2.男性と女性を完成させるものは生殖器
 3.生殖器は根本問題解決の出発点と終着点
二 生殖器は三大本宮、天の至聖所
 1.愛と生命と血統の本宮

 2.神様の創造目的を完成させる器官
 3.生殖器は天が臨在する至聖所
三 神人一体と愛の理想完成
 1.神様と人間が出会う愛の決着点

 2.神人愛理想の根本原理
  (1) 神人一体をどのように解明するのか
  (2) 神人一体の拠点
  (3) 真の血統の根は神様

 3.なぜ結婚が重要なのか
  (1) 結婚の目的は神様に似ること
  (2) 夫婦の愛と絶対性

四 生殖器は最高の神秘、最大の関心事
 1.生殖器は最も精誠を尽くしてつくったところ

 2.生殖器の主人がお互いに入れ替わった
 3.真の愛は汚いものも消化
 4.生殖器を中心に縦横のバランスをとらせなければならない
 5.愛は学んで知るものではない
五 生殖器を通して天国と地獄が分かれる

第三章 人間堕落と復帰
一 人間堕落の内的意味
 1.人間堕落は愛の事故だった

 2.善悪の実はエバの生殖器
 3.悪魔サタンは淫乱によって堕落した
 4.堕落によってサタンの血統を受けた
 5.蛇が誘惑したということの意味
二 堕落の結果
 1.堕落人間と堕落した世界の姿
  (1) 青少年問題とフリーセックス
  (2) 性道徳の紊乱
  (3) 同性愛
  (4) 近親相姦

 2.誤った性解放文化をどのように収拾すべきか
  (1) 愛の秩序が乱れる終わりの日
  (2) 絶対純潔、血代を汚してはならない

三 真の父母と根本復帰
 1.根本問題解決のためには、堕落論を知らなければならない

 2.なぜ真の父母が必要なのか
 3.血統復帰は祝福を通して成される
 4.最後の目標は真の家庭理想実現

こちらのページはフレーム部分のLeft部分の
目次のページですので本来のIndexページから
ご覧ください
管理者:裏道
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO