E-listBBSSearchRankingMusicHallGo to Top

  牧会者の道

第一章 牧会者論 … 39

 第一節 召命を受けた者たちの生き方 … 41
  1 ノア … 41
  2 アブラハム … 45
  3 ヤコブ … 48
  4 モーセ … 52
  5 ダビデ … 55
  6 洗礼ヨハネ … 56
  7 イエス様の三弟子 … 58
  8 ペテロ … 59
  9 ステパノ … 64
  10 使徒パウロ … 65
  11 それ以外の預言者たち … 65

 第二節 現代の祭司長、責任者の行く道 … 69
  1 牧会者の起源はレビ族の祭司長 … 69
  2 レビ族の祭司長の行く道 … 71
  3 祭司長の祭物精神 … 75
  4 祭物の復帰過程 … 80
  5 統一教会の牧会者の使命 … 85

 第三節 牧会者の使命 … 95
  1 「真の師」としての牧会者 … 95
  2 医者としての牧会者 … 98
  3 開拓者としての牧会者 … 104
  4 天の密使としての牧会者 … 111
  5 牧会者の使命 … 122
  6 使命に対する自覚 … 128

 第四節 牧会者の責任 … 130
  1 牧会者とは選ばれた者 … 130
  2 召命に対する姿勢 … 132
  3 牧会者の資格 … 137
  4 牧会者の責任 … 144
  5 任命を受けた者の使命に対する姿勢 … 161
  6 牧会者がもつべき内的姿勢 … 165

第二章 牧会者の役割 … 185

 第一節 牧会者の祈祷 … 187
  一 牧会者の祈祷 … 187
   1 祈祷しなければならない理由 … 187
   2 祈祷の内容と順序 … 190
   3 祈祷に対する応答 … 192
   4 お父様の祈祷の境地 … 194
   5 食口のための牧会者の祈祷 … 197
   6 中心に向かう祈祷 … 201
  二 統一教会の祈祷 … 201
   1 真の御父母様の名前で祈祷 … 201
   2 一段階先を行く祈祷 … 204
   3 神様を主とした祈祷 … 206
  三 早朝の祈祷 … 207
   四 徹夜祈祷 … 210
   1 夜は神秘性が強い … 210
   2 徹夜祈祷の意義 … 211
   3 教会ごと徹夜祈祷をしなければならない … 213
   4 お父様の徹夜生活 … 216
   5 イエス様と徹夜祈祷 … 219

 第二節 聖地聖別と聖地祈祷 … 221
  一 聖地聖別の理由 … 221
   1 聖地聖別の理由 … 221
   2 聖地聖別の経由 … 222
  二 聖地聖別 … 222
   1 聖地聖別
      実例 1 1965年12月22日 劉孝元氏 筆記帳 … 222
   2 聖地聖別
      実例 2 1966年1月1.2日 劉孝元氏 筆記帳 … 224
  三 聖地選定 … 226
   1 聖地の格位 … 226
   2 聖地選定の意義 … 227
   3 霊界が動員される聖地 … 228
   4 聖地選定の過程 … 229
   5 聖地選定の結果 … 232
   6 聖地選定時の余談 … 234
  四 聖地祈祷 … 235
   1 聖地祈祷をせよ … 235
   2 聖地と私たち … 237

 第三節 聖日礼拝 … 240
  一 安息日を守る目的 … 240
  二 聖日礼拝のための牧会者の準備 … 240
   1 祭祀は祭司長が管理しなければならない … 240
   2 三日前から礼拝準備をしてこそ … 241
   3 赤ん坊を産む母の精誠よりもっと精誠をささげてこそ … 241
   4 礼拝時間を厳守してこそ … 242
  三 礼拝時間 … 243
   1 礼拝時間は祭祀をささげる時間 … 243
   2 礼拝時間は公的な時間とせよ … 244
   3 礼拝時間に遅れるな … 246
   4 すべての制度は責任が優先だ … 249
  四 礼拝の時の心の姿勢 … 251
  五 早朝礼拝と夜の礼拝 … 252

 第四節 説教 … 254
  一 お父様の説教 … 254
  二 説教の準備と神霊 … 258
   1 説教準備は本でできるものではない … 258
   2 霊的な実力を具備しなければならない … 260
   3 心霊的生活が必要 … 264
   4 歴史的生きた材料を多くもたなければならない … 266
  三 説教の実際 … 267
   1 題目の選定 … 267
   2 説教時にもつべき心の姿勢 … 269
   3 説教時注意すべきこと … 271
   4 説教はいつも新しい刺激を与えなければならない … 272
   5 説教は恵みの感動がなければならない … 274
   6 説教時間 … 278
   7 説教の難しさ … 279
  四 お父様のみ言を中心として説教せよ … 281

 第五節 十一条生活 … 284
  一 お父様の物質観 … 284
   1 お父様の物質観 … 284
   2 万物(お金)の願い … 286
   3 所有の決定 … 288
  二 祭物と聖物 … 293
   1 祭物 … 293
   2 祭物とは、所有を決定させる条件物 … 294
   3 人類の復帰に至大な貢献をした万物 … 296
   4 聖物の重要性 … 298
  三 十一条 … 300
   1 献金に対する本来の基準 … 300
   2 十一条の意義 … 302
   3 十一条は復帰のための蕩減条件 … 304
   4 十一条をささげる姿勢 … 306
   5 十一条は一番精誠を込めた、純なるものでなければならない … 307
   6 十一条の生活 … 310
   7 献金を受ける方法 … 312
  四 聖塩と分別生活 … 312
  五 牧会者の公的生活 … 317
   1 牧会者の公的な生活 … 317
   2 万物に対する公的な管理法 … 321
   3 牧会者の公金管理 … 327

 第六節 牧会者と教会生活 … 330
  一 教会と教会生活 … 330
   1 教会とは何をする所か … 330
   2 教会のためにせよ、という理由 … 334
   3 教会が存在する目的 … 334
   4 社会生活より教会生活がもっと重要だ … 337
   5 教会生活において留意する点 … 339
  二 教会組織 … 340
   1 組織の必要性 … 340
   2 理想的な組織の形態 … 343
   3 草創期の組織 … 347
   4 三段階組織 … 348
   5 三位基台組織編成を生命視せよ … 351
   6 組織強化のための体系をつくらなければならない … 355
  三 私たちの体制と系統 … 356
   1 教会本部と私たち … 356
   2 教区長(地区長)の道 … 359
   3 教域長(地域長)の道 … 363
   4 教会長(区域長)の道 … 371
   5 食口の道 … 374
   6 お父様が指示したとおりにせよ … 380
   7 同役者間の関係 … 387
   8 行政体制 … 392
  四 牧会者がもつべき慕わしさ … 394
   1 人を慕わしく思ってこそ … 394
   2 人を接待することを好んでこそ … 397
   3 夜が明けるまで話をしてあげてこそ … 401
   4 人を無視しないで尊重視してこそ … 406
   5 すべての人を愛せなければならない … 410
   6 神様が立てた因縁の中で愛せ … 416

 第七節 成約時代と侍る生活 … 419
  一 成約時代とは … 419
   1 成約時代とは何か … 419
   2 成約時代は愛の時代 … 420
   3 侍ることにより救われる時代 … 422
   4 成約時代とは聖徒たちの祭物時代だ … 424
  二 侍る生活 … 426
   1 侍る生活開始の日時 … 426
   2 侍る生活の目的 … 426
   3 侍る生活は精誠を尽くして真の父母と一つになること … 427
   4 侍ることの心の持ち方 … 432
   5 侍る生活の態度 … 436
   6 天国とは心情で侍った者が行く所 … 441
   7 侍る生活の事例 … 446
   8 お父様の写真を持って歩きなさい … 448
  三 早朝敬拝 … 451
  四 私の誓いの解説 … 453

第三章 有能な講師への道 … 469
 
 第一節 手本となる講師の事例 … 471
  一 手本を見せてくださったお父様 … 471
  二 一日十八時間講義した劉孝元協会長 … 477
  三 講義時間の三倍祈祷した安昌成講師 … 481
  四 お父様のみ言を適用させる郭錠煥本部長 … 482
  五 覚えて講義をする英国青年 … 483

 第二節 聴衆をとらえる法 … 485
  一 聴衆に対する法 … 485
   1 講義の最初の時間が重要  485
   2 即席で講義しても感動を与えることのできる訓練をしなければ … 485
   3 臨機応変式対処能力も必要 … 486
   4 講義の主になる相対を探せ … 487
   5 聴衆の心理を把握してそれに合わせて講義する … 488
   6 聴衆と親しくなってから講義を始めれば効果的 … 489
   7 聴衆に自然な印象を植えつけなさい … 490
   8 全体を和合させる融通性のある人になりなさい … 490
   9 度胸(信念)をもちなさい … 491
  二 講師が取るべき態度 … 492
   1 本人の体格によって取る態度を変える … 492
   2 大衆集会における経験をたくさんもつ … 494
   3 個人の特技は関心を引くことのできる武器 … 494
   4 態度では服が問題だ … 495
   5 聴衆によって態度を異にする … 496
   6 ジェスチャーも練習する … 497
  三 聴衆を感動させるには … 498
   1 聴衆の関心度がどれくらいなのかを知る … 498
   2 話はおもしろく実感があるようにする … 500
   3 うそをついてはいけない … 500
   4 多くの経験を積まねばならない … 501
   5 刺激を受けることのできる相対的品物も必要 … 503
   6 指導者は経験が豊かでなければならない … 505
   7 感情に訴えねばならない … 506
  四 バークレー校で生まれた逸話 … 507

 第三節 名講師になる道 … 510
  一 まず原理の実力をつけなさい … 510
   1 毎日原理のみ言を読まなければならない … 510
   2 講義ができなければ読んであげるのもよい … 514
   3 まず原理でもって講義の枠を立てなければならない … 516
   4 原理の本を全部覚える計画を立てよ … 517
  二 講義をたくさん聞き、たくさんせよ … 520
   1 有名な講師の講義をたくさん聞かなければならない … 520
   2 講義をたくさんすればするほど名講師になる … 523
  三 講師が備えるべき姿勢 … 526
   1 原理を活用する講義法と講義する者の姿勢 … 527
   2 神様が共になされるという信念をもちなさい … 532
   3 相対の関心を呼び起こしなさい … 534
  四 講師が留意すべき点 … 535

 第四節 講義と牧会者の使命 … 539
  一 講義という牧会者の重要な仕事 … 539
   1 責任者は口がはれ上がるくらい講義しなければならない … 539
   2 御飯を食べるように毎日講義しなさい … 542
   3 壇上の席というのは多くの生命に責任を負う席 … 546
  二 講師の基本的な立場 … 551
   1 講義はどのようにすべきか … 551
   2 心情一体をなす公人の立場に立たなければならない … 552
   3 講義の目的はどこにあるのか … 554
  三 講義と伝道 … 558
   1 み言には創造の能力がある … 558
   2 食口の増加は原理講義の回数に比例する … 561
   3 生命の問題は生命で解決しなければならない … 565
  四 講義に対する牧会者の姿勢 … 568
   1 講義をする「味」を感じなければならない … 568
   2 気違いのように講義を続ければ、霊界と接触するようになる … 573
   3 多くの人が必要なのではなく、責任者一人が問題 … 575

第四章 教会発展と伝道 … 579

 第一節 教会の成長と発展 … 581
  一 発展に対する根本理論 … 581
   1 発展しようとするならば作用しなければならない … 581
   2 発展の形成 … 582
   3 発展の原則 … 584
   4 発展の要素 … 586
   5 発展の形態 … 586
  二 発展の実際 … 587
   1 社会の発展 … 587
   2 国家の発展 … 588
   3 歴史の発展 … 589
   4 宗教の発展 … 591
  三 お父様と統一教会の発展 … 593
   1 お父様が発展される理由 … 593
   2 統一教会が継続して発展する原因 … 595
   3 内的な摂理の基点と一致してこそ発展する … 598
   4 ある時には、統一教会が発展できない理由 … 600
   5 統一教会が発展しようとすれば … 601
   6 統一教会が発展するほど、サタン世界は滅んでいく … 603
  四 教会の発展と牧会者の責任 … 604
   1 間違った過去を清算せよ … 604
   2 教会は牧会者にかかっている … 606
   3 原理講義についての計画と、実践が重要だ … 608
   4 蒔く責任者より育てる責任者となれ … 611
   5 九五パーセント人のために生きる責任者となれ … 618
   6 強力な神様の愛をもって生命を動かしてこそ … 621
   7 愛の認定圏を確保することのできる責任者になれ … 624
   8 教会を愛のふろしきで包め … 628
   9 苦労する食口のために祈祷してあげなければならない … 629
   10 父母のように責任を果たせ … 630
   11 同役者の同情を受けられなければ … 631
  五 牧会者自身の発展 … 632
   1 人は刺激を受けてこそ発展する … 632
   2 神様を中心に新しいものを刺激できなければ … 633
   3 間違いも一つの刺激の要素になる … 635
   4 主体的立場で環境を引っ張っていかなければ … 636
   5 牧会者が発展しようとすれば … 636

 第二節 伝道 … 641
  一 伝道をしなければならない理由 … 641
   1 伝道とは何か … 641
   2 伝道をしなければならない理由 … 644
   3 伝道する目的 … 651
   4 伝道の価値 … 653
  二 伝道者の姿勢 … 656
   1 伝道出発前の準備 … 656
   2 精誠と伝道 … 659
   3 伝道隊員がもたなければならない姿勢 … 663
   4 路上伝道のときに取らなければならない態度 … 672
   5 伝道と牧会者の姿勢 … 679
  三 伝道の秘訣と方法 … 684
   1 伝道できない原因 … 684
   2 伝道の秘訣 … 689
   3 伝道は一対一の伝道がいい … 695
   4 伝道するときの対話方法 … 697
   5 伝道するときに留意すべき点 … 698
   6 伝道の難しさと、その克服 … 702
   7 既成教会伝道 … 706
   8 伝道後の指導方法 … 711
  四 伝道方法 事例 … 713
  五 伝道の形態と目標 … 763
   1 霊界を通じた伝道 … 763
   2 『原理講論』を通じた伝道 … 764
   3 ビデオを通した伝道 … 768
   4 月一人伝道 … 769
   5 八十四人伝道 … 772
   6 百二十人伝道 … 775

第五章 牧会者と食口指導 … 779

 第一節 牧会者の指導姿勢 … 781
  一 牧会者がもつべき指導姿勢 … 781
   1 牧会者は涙がなくてはならない … 781
   2 関心がなければならない … 786
   3 熱意がなければならない … 789
   4 包容性がなければならない … 792
   5 山(鉱脈)を当てた鉱夫の例え話 … 794
  二 父母の立場の牧会者 … 796
   1 牧会者は父母の立場である … 796
   2 父母の心情とは … 798
   3 父母の立場の責任者としてもたなければならない心の姿勢 … 800
   4 父母の心情で食口たちに対しなさい … 804
  三 道しるべとしての牧会者 … 806
   1 案内者としての牧会者 … 806
   2 牛に牧草を食べさせる主人の立場 … 810
   3 避難途中で目撃したこと … 811
   4 殴ってでも行かせてやらなければならない … 813
  四 手本となる者としての牧会者 … 815
   1 手本を見せなければならない牧会者 … 815
   2 牧会者とは手本を見せて生の基盤を築いてあげる者 … 816
   3 神様と真の父母を見せてあげなければならない … 817

 第二節 主体・対象とカイン・アベル … 819
  一 主体と対象 … 819
   1 統一教会の主体思想とは … 819
   2 縦的主体とは … 822
   3 主体者の責任 … 823
   4 原理的生活観においての責任者の立場 … 828
   5 中心存在としての主体の使命 … 830
   6 主体を中心にした対象圏の創造 … 835
  二 カインとアベル … 836
   1 摂理史に現れたアベル・カイン … 836
   2 アベルになろうとすればどうしなければならないか … 841
   3 誰がアベルで誰がカインか … 849
   4 食口間におけるカイン・アベル関係 … 856
   5 アベルの使命 … 860
   6 アベルとしての牧会者の使命 … 865

 第三節 食口指導の要素 … 869
  一 食口指導の要素――他のために … 869
   1 お父様と「ために生きる」という思想 … 869
   2 教会指導者は食口のためにある … 870
   3 自分のためにやれという時には宇宙が讒訴する … 875
   4 「ために」する立場の結果 … 876
  二 食口指導の要素――授 … 880
   1 指導者はまず与える者である … 880
   2 与える時の心の持ち方 … 881
   3 授けて受ける原則 … 885
  三 食口指導の要素――愛 … 887
   1 すべてのものを和することのできる愛 … 887
   2 愛は宇宙も喜ぶ … 889
   3 愛の道を探して行くならば犠牲と奉仕をせよ … 891
   4 愛に狂って生きなければならない … 893
  四 食口指導の要素――精誠と祈祷 … 895
  五 食口指導の要素――十分な経験 … 898
   1 訓練と経験が不可欠 … 898
   2 知恵深く指導をしなければ … 899
   3 責任者になろうとすれば食口のために十字架を負う … 900
  六 食口に王様のように侍りなさい … 903

 第四節 蕩減復帰と公式路程 … 906
  一 歴史的蕩減復帰路程と私たち … 906
   1 歴史的蕩減復帰路程 … 906
   2 八段階蕩減復帰路程 … 909
   3 七年路程 … 918
   4 必ず公式を通過しなければならない … 921
  二 責任分担と蕩減 … 923
   1 蕩減と復帰 … 923
   2 責任分担 … 926
   3 内的蕩減条件と外的蕩減条件 … 931
   4 責任分担と蕩減 … 936
  三 統一教会の信徒の公式路程 … 938
   1 教育 … 939
   2 第一段階は万物復帰 … 939
   3 第二段階は人間復帰 … 940
   4 原理の道 … 941
   5 真の父母時代の恵沢 … 942
   6 お父様が私たちに対される立場 … 943
   7 祝福家庭の伝統 … 944
   8 環境祝福 … 944
   9 新約・旧約時代との連結 … 945
  四 ファンダレイジングと伝道 … 946
   1 ファンダレイジングと伝道とは何か … 946
   2 蕩減復帰すべき二つのこと … 948
   3 三十歳前に成すべき公式訓練 … 950
   4 ファンダレイジングと伝道のために涙を流す … 952
   5 我々の目標と勝利の三つのバッジ … 954
  五 信仰の息子、娘 … 956
   1 統一教会員には二つの部類の息子、娘がある … 956
   2 信仰の息子、娘が必要な理由 … 959
   3 信仰の息子、娘と直系の子女 … 961
  六 教育と修練 … 964
   1 教育の必要性 … 964
   2 修練を受ける目的 … 967
   3 修練の過程と目標 … 968

 第五節 草創期にあったこと――錚々たる方々―― … 974
  一 お父様にあったこと … 974
   1 野牧(地名)修練会であったこと … 974
   2 地方巡回時にあったこと … 974
   3 先生の監獄の同僚 … 975
   4 道で出会った病にかかった人 … 976
  二 牧会者たちにあったこと … 977
   1 ある牧会者の引っ越しの経歴 … 977
   2 牧会者たちの腹の減る生活 … 977
   3 学生たちの弁当で食事を間に合わせた事情 … 979
   4 初期開拓当時の難しかった生活 … 981
   5 ある青年牧会者の講義 … 983
   6 開拓に出た統一教会のおばさんたち … 984
  三 草創期食口たちの姿 … 985
   1 伝道地で慕わしい食口に出会った事情 … 985
   2 数十里の道を歩いて集会に参席した食口たち … 987
   3 切符もなくて、こっそり汽車に乗った事情 … 988
   4 赤ん坊をおぶってでも白雲台に登った食口 … 989
   5 み言の前に涙の海を成した食口たち … 990
   6 死んでもついていくと誓った食口のつまずき … 990
   7 絶対服従の手本を見せたアメリカ食口 … 991
   8 「金日成」と言えば浮かんでくる四十代のある食口 … 992
   9 清平開拓時の誇らしい食口 … 994
   10 教会がそれほど好きだった食口たち … 996
  四 誇らしきその名前 … 999
   1 金元弼氏 … 999
   2 劉孝元氏 … 1003
   3 金榮輝氏 … 1007

第六章 霊的役事と摂理的主要行事 … 1011

 第一節 統一教会と霊的役事 … 1013
  一 統一教会と霊界 … 1013
   1 世界基督教統一神霊協会とは … 1013
   2 統一は霊界からまず成される … 1019
   3 先生は霊的世界の最高の専門家 … 1021
   4 統一教会の信徒のあとには数多くの霊人たちがついて歩く … 1024
   5 私と霊的体験 … 1028
  二 霊的役事と霊界協助 … 1031
   1 霊界はとても膨大な心情の世界 … 1031
   2 今は霊界が地上を襲撃する時 … 1033
   3 善なる人には善霊が、悪なる人には悪霊が協助 … 1037
   4 霊界の協助を受けようとするならば … 1041
   5 霊界動員 … 1048
   6 祖先協助 … 1053
   7 先祖解怨 … 1056
  三 真の父母様と霊界 … 1059
   1 天上からのみ印を受けたお父様 … 1059
   2 霊界と肉界を統一させてこられたお父様 … 1062
   3 真の父母と霊界 … 1065
   4 真の父母様の霊肉指導と統一教会の信徒 … 1071
   5 霊的世界の定住時代 … 1076

 第二節 今日の時と主要行事 … 1080
  一 時の区分と時の意味 … 1080
   1 年代区分と解説 … 1080
   2 先生の在世時の価値 … 1083
   3 今日の時の意味 … 1088
  二 主要行事――名節制定、儀式、宣布 … 1092
   1 父母の日――先生の佳約(婚約)式 … 1092
   2 先生の聖婚式 … 1093
   3 三子女の祝福式――万物復帰の式と子女復帰の式 … 1096
   4 心情復活の日宣布 … 1097
   5 子女の日 … 1100
   6 四位基台復帰 … 1100
   7 女性を代身した奉献儀式 … 1100
   8 実体復活の日宣布 … 1101
   9 勝利の山祭(礼拝) … 1102
   10 天勝号進水式 … 1102
   11 万物の日 … 1102
   12 蕩減基金の献納に関する儀式 … 1103
   13 象徴的な聖殿建築宣布式 … 1104
   14 実体サタン屈伏儀式 … 1105
   15 キリスト教のための式 … 1108
   16 霊的サタンを打つ式 … 1108
   17 肉的サタンを打つ式 … 1109
   18 心情のろうそく伝授式 … 1109
   19 聖石奉献式 … 1109
   20 「神の日」宣布 … 1110
   21 長成期完成級を越える式 … 1114
   22 「神の日」を宣布したのちの七カ月 … 1114
   23 イエス様御聖婚の特別式 … 1114
   24 勝祝日 … 1115
   25 文氏氏族解放式 … 1117
   26 勝恨日 … 1120
   27 総解怨式 … 1127
   28 救国世界大会―南北統一と世界統一の宣布式 … 1133
   29 統一式 … 1135
   30 天勝日 … 1136
   31 地勝日(天地勝利の日)――天紀元年宣布 … 1139
   32 文氏氏族解放と世界氏族解放宣布 … 1140
   33 私の日――転換期(一九七八年十二月三十一日) … 1145
   34 霊界統合宣布式 … 1146
   35 世界平和教授協議会 議長団宣言決意文 … 1147
   36 宇宙的主権転換期 … 1149
   37 愛勝日 … 1151
   38 一つの世界創建宣布式 … 1152
   39 愛天日宣布――愛天燭伝授、一情祈祷会実施 … 1152
   40 開天門日(開天日) … 1155
   41 一勝日宣布――聖水式挙行 … 1157
   42 統一教会が世の中に現れる時 … 1158
   43 南北統一運動国民連合創設 … 1159
   44 摂理的統一転換式 … 1160
   45 世界統一国開天日宣布 … 1163
   46 一心式 … 1164
   47 愛援摂理時代宣布 … 1165
   48 八定式 … 1167
   49 天父主義宣布 … 1167
   50 天地父母宣布 … 1168
   51 神様祝福永遠宣布式(七・一節) … 1169
こちらのページはフレーム部分のLeft部分の
目次のページですので本来のIndexページから
ご覧ください
管理者:裏道
あるいは→  Part T   Part U
こちらからお入りください。
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO